事業性の高い商品へのこだわり ラーメンを一品の

揚州商人では、一品一品を"料理"として考えてしっかりとしたラーメンづくりを行っているため、原価率は決して低くありません。しかしながら、幅広い商品ラインナップで売上を獲得し、人権費を低く抑えることで、店舗の営業利益を確保することが可能です。

その1 一品一品を

その1 一品一品を

一般のラーメンチェーンは、麺・スープ・トッピングをそれぞれ"部品"として捉え、それらの組み合わせでラーメンを構成しています。
揚州商人では、こだわりの具材と醤から染み出す旨味が、ベースとなっているスープの味を引き立てることで、ひとつの料理としてのラーメンがつくられます。
(※一品一品に強くこだわるため、日持ちしない調味料も敢えて使用します)

その2 幅広い顧客層・利用シーンに対応した商品ラインナップ

その2 幅広い顧客層・利用シーンに対応した商品ラインナップ

揚州商人では、アルコールやデザートも提供することで、宴会利用・ファミリー利用など様々な利用シーンに対応しています。
ラーメン自体も独創性溢れる様々なタイプのメニューを用意しているため、老若男女が好みを選べる幅広い商品ラインナップとなっています。
(※麺は柳麺・刀切麺の2種類から選択することが可能です)

FC業界の中で特出した3つのメリット

FC出店希望の方へ