揚州商人 株式会社ホイッスル三好 採用情報2013

  • 商人たれ!私たちと共に | BUSINESS MIND
  • 100店舗構想 | BUSINESS STORY
  • 全方位型日常エンターテイメント | BUSINESS MODEL
  • お客様第一主義の見える化 | BUSINESS PEOPLE

エントリー

新着情報

2013.11.01
募集要項を更新いたしました。
2013.11.01
募集要項を更新いたしました。
2012.09.05
株式会社ホイッスル三好の採用サイト開始しました。
  • Home
  • 会社概要
  • 募集要項
  • よくある質問

お客様中心主義の見える化 | BUSINESS PEOPLE

  • BUSINESS PEOPLE01
  • BUSINESS PEOPLE02
  • BUSINESS PEOPLE03

店舗を支援する本社の仕事

現場経験を活かして仕事に臨む

店舗を支援する本社の仕事

現在は本社で、販売促進とコントローラーというふたつの業務に携わっています。

販売促進の仕事では、お客さまに配るチケットの手配、ポスティングや近隣の法人事業所さまの訪問など、店舗の実施する販促活動の管理・教育・サポートする役割を担っています。ホームページなど不特定多数の方にご覧いただくものではなく、出店するエリア近郊の方々やご来店いただくお客様など、身近な方々への販促活動サポートを行っています。

コントローラーの仕事では、店舗の管理する人件費や食材にかかるコストを客観的にデータチェックを行いアドバイスを行っています。立場は異なりますが、お客さまの喜びを中心に考え、単に予算を追求するのではなく、適正な店舗運営を行う手助けをして、お客さまに喜んでいただける店舗つくりをすることが重要だと考えています。

どちらの仕事も店舗で10年間、店長・エリアマネージャーを経験してきたことが、大変役立っています。

店舗を離れて実感する大切さ

「お客様中心主義」を追求する姿勢

店舗を離れて実感する大切さ

異動当時は新設のポジションだったこともあり、正直何から手をつければいいのか、模索する日々が続きました。これまでは、店舗でお客さまに向かい合って、いかに満足いただけるかを追求していくことに注力していました。しかし、本社ではお客さまの顔を直に見ることなく、店舗からの要望やデータが直接的な情報であり、お客さまのことを想像しづらいのです。その考えを変えることができたのは、社長の考え方や行動に接してからでした。これまでより社長の近くで働き、話をする機会が増え、本当にお客さまの喜びを中心に考えているのだと改めて実感しました。社長が、店舗に行く際は、誰もが見落としてしまうような些細なことでも「お客さまにとってどうなのか」という視点で指摘をする。店舗にいなくてもお客さま目線で深く追求している。私の立場でも「お客様中心主義」を実践できることは数多くある。そう強く感じるようになりました。

現在は、エリアマネージャーや店長のサポートをしながら、自らの経験を活かし、店舗で起こっている課題を今の立場から見出し、独自のアドバイスができるように、自らの責任をもって仕事に臨んでいます。

エリアマネージャーとしての責任

「100店舗計画」の実現へ

ポジションにこだわらず、会社の成長へ貢献したい。

女性としての活躍

現在の仕事は、必要とされる仕事に、適材として見出され配属されたものだと感じています。本社に配属され、これまでより経営陣と会話をする機会が増えました。特に、専務とは「今あるものをどう変化させるか」ではなく、「本当に正しいものは何か」「理想は何なのか」ということを話し合います。これまでのやり方に捉われることなく柔軟な発想をしていくことが、会社の掲げる「100店舗計画」達成につながる。

自らも目標の達成のために、与えられたポジションという概念に組み込まれることなく、自分に出来ることに全力で向かっていきたいと考えます。そのために、私にできる努力は惜しみません。自ら考え行動することで、「揚州商人」の発展に貢献していきたいと考えています。

  • people01
  • people02
  • people03

ページTOPに戻る