正社員キャリア紹介

nakayama01

エリアマネージャー

中山 謙輔

あなたの仕事とは何ですか?

本社経験を活かして仕事に臨むことです。

店長を経験後、本社でコントローラーという業務を経て、現在はエリアマネージャーとして、8店舗の運営管理業務を行っております。
コントローラーの仕事では、店舗の管理する人件費や食材にかかるコストを客観的にデータチェックを行いアドバイスを行っていました。お客さまの喜びを中心に考え、単に予算を追求するのではなく、適正な店舗運営を行う手助けをして、お客さまに喜んでいただける店舗づくりを心掛けてきました。
エリアマネージャーの主な役割は、担当エリア内の店舗の売上や集客状況などの予算管理と、店長の育成です。店長が、日々の業務の中で見落としてしまう業務課題を一歩下がった立場から見出し、改善を目指して指導を行っています。

中山 謙輔

働く上で大事にしていることは何ですか?

「お客様中心主義」を追求する姿勢です。

エリアマネージャーとして、店舗でお客さまと向かい合って、いかに満足いただけるかを追求していくことに注力しています。本社勤務の経験により、社長の近くで働き、話をする機会が増え、本当にお客さまの喜びを中心に考えているのだと改めて実感しました。社長が、店舗に行く際は、誰もが見落としてしまうような些細なことでも「お客さまにとってどうなのか」という視点で指摘をしています。店舗にいなくてもお客さま目線で深く追求しています。私の立場でも「お客様中心主義」を実践できることは数多くあります。そう強く感じるようになりました。
現在は、エリアマネージャーとして、自らの経験を活かし、店長のサポート、店舗で起こっている課題を今の立場から見出し、独自のアドバイスができるように、自らの責任をもって仕事に臨んでいます。

中山 謙輔

今後の目標は何ですか?

ポジションにこだわらず、会社の成長へ貢献したいです。

現在の仕事は、必要とされる仕事に、適材として見出され配属されたものだと感じています。本社勤務経験によってこれまでより経営陣と会話をする機会が増えました。特に、専務とは「今あるものをどう変化させるか」ではなく、「本当に正しいものは何か」「理想は何なのか」ということを話し合います。これまでのやり方に捉われることなく柔軟な発想をしていくことが、会社の掲げる「100店舗計画」達成につながります。

中山 謙輔