正社員キャリア紹介

moriyama01

店長

森山 可奈子

入社しようと思った動機は何ですか?

社長の言葉に惹かれ転換した価値観です。

揚州商人との出会いは高校時代のアルバイト経験からでした。当時、ヘアメイクの専門学校で学んでおり、進路もその道でという思いをもっていました。入社の決め手になったのは社長の言葉でした。社長が講師をつとめるセミナーに参加し、そこで「有意義な人生を送るには、大きな目標を持って人生をかけてその実現に取り組むことが重要だ」という話を聞きました。「どういう仕事に就くかではなく、どういう生き方をするかを考えることが重要だ」と教わり、もっとこの人の下で学びたいと思ったのが入社のきっかけです。
アルバイト時代にも副店長という責任ある立場は経験していました。入社して数ヶ月で店長になりましたが、その責任は想像を超えるものでした。特にスタッフと接する際は、自分という人間を全力でぶつけていかないと心を開き合うことがでません。そういう意味でも、自分の人生観を見直していく上で有意義なスタートをきれたと思います。

森山 可奈子

店長としての責任は何ですか?

後進の育成をすることが、大きなミッションです。

店長業務、本社での社長室業務、エリアマネージャー、人事・教育担当を務め、現在は、再び店長業務を行っております。この経験の中で私が特に注力しているのは教育です。指導内容は様々で、サービスや商品クオリティの向上だけでなく、スタッフの指導方法、人材の管理、集客や販促活動への意識向上など、あらゆる面に対し意識を高く持つように指導しています。
店長となった今、日々痛感しているのは、成果を出すことの重要性です。プロセスももちろん大切ですが、結果として成果が出なければ意味がありません。これは予算の面だけでなく、スタッフの育成でも同様です。一度指導すれば終わりではなく、指導によってスタッフが成長し、成長したスタッフの働きによってお客さま満足を得ることができて初めて「成果が出た」といえます。
店長としての私の役割は、自分の経験ノウハウを伝えていくことです。

森山 可奈子

今後の目標は何ですか?

女性としての活躍です。

入社後、プライベートでは結婚と出産を経験しました。産休から復帰した現在は、育児のために時短勤務を行っています。まかせられる仕事と責任は、産休前と変わることなく大きなものです。時間が限られているから出来ないということは全くなく、むしろ無駄を省いて効率的に動くようになったため、今まで以上の働きができていると感じています。
当社はとても家族的な温かさを持った会社です。社員の家族を自らの家族のように見守ってくれ、女性の働き方を積極的に支援する制度も数多くあります。会社の想いに応えるためにも、出産・育児を経験し責任ある立場でやりがいある仕事に臨んでいけることを自らが実践することで、今後入社する女性たちに不安なく入社してもらいたい。「仕事に思い切り情熱を傾け、プライベートも充実させたい」という熱意ある女性にとって、活き活きと輝ける場所にしていきたいと思います。

森山 可奈子